いかに軽くなれるか?【まなブログ for Life Goes On】

img_2068

歳を重ねると、あらゆるものが重くなっていく。

体重を筆頭に、自分が守るべきものや、仕事における責任や、その他諸々が。

しかし何より重くなっていくのは、腰。

重い腰をあげる、とは良くいったもので、これは加齢とともに際限なく重くなっていく。

つい先日、トライアスロン仲間と味スタ6耐リレーマラソンを走った。でもこれは仲間が病気になって代役で走ったのだ。そもそも予定に入れてなかった。というか、みんながそのイベントへの参加で盛り上がっているのをFacebookで知っていたのに、なぜだか自分は反応しなかった。

同様にその日の夜、友人のライブがあったのだが、それもみんながそのイベントへの参加で盛り上がっているのをFacebookで知っていたのに、なぜだか自分は反応しなかった。なのに、反応もできなかったし、参加もできなかった。

そして今週末は、サイクルモードという自転車のイベントがあったのだが、これも行こうと思っていたのに何のアクションもせず、実際にはでかけることなく休みを終えてしまった。

もちろん、それらに参加しなかったとしても、僕は今を生きているだろうし、明日へ挑戦しているだろう。

けれど、ふと心にとまるのは、そうした事を無意識に眺めてやり過ごしてしまった自分の、存在の耐えられない重さ、だ。

その時おそらく、気分がのらなかったのだろう。あるいは楽しい時間を想像できなかったのだろう。もしくは何もかもが面倒だったのだろうか?

いずれにせよ、僕の腰は重くて上がらなかった。

しかし、先に記したうちの1つの味スタ6耐リレーランは、とても楽しいものだったし、参加して良かったと思えたものだった。

そして友人のライブも、サイクルモードも、行ったら絶対に楽しかったことも間違いない。それは分かりきったことだ。

腰を重くする要素としての気持ちは、どこからからやってきて、スッと心の中に入って、そうすることが楽に思わせる。もちろん、そうして日々を過ごしても、悪いことは何もないのだろう。

けれど、それに抗って動くような気持ちは、実はとても大切なものだったりする。

それに気付く人もいれば、全く気付かない人もいて、その差は誰の目にもほとんど分からないものだったりする。

そしてもちろん、軽くない選択をしても良いことも多い。

けれど僕は、いつも軽くありたいと願う。

腰を上げて動くほどに、

フットワークが軽いほどに、

様々なものがインプットされていくこともまた真理だと思うのだ。

そしてインプットが多いと、必然的にアウトプットは面白いものになって、

そうしてまた思ってもみないことが生まれる、気がする。

そう思うと余計に、

軽くありたいと思うのだ。

“いかに軽くなれるか?【まなブログ for Life Goes On】” への 1 件のフィードバック

  1. まさに似たような経験が(^_^;)
    40を過ぎて何かにチャレンジしたがっている反面、妙に腰が重くアクションに移行しない自分がいるのです。
    朝ランもサボって久しく…まぁ、これは体調を崩したからというのもありますが。
    軽くあること、私も心掛けたいマインドですね。

コメントを残す